よくあるフリーランスエンジニアの職種

フリーランスの職種は様々ありますが、エンジニア系のフリーランスだけでもいくつかの職種が存在しています。

その中の一つに挙げられるのが、プログラマーです。
フリーランスエンジニアの中で最も多い職種と言われており、プログラミング言語を使ってプログラムをコーティングするのが主な仕事です。
平均年収の相場は500万円から600万円ほどと言われていますが、マネジメント力などを持ち、大手企業のクライアントの案件を多く抱えていると、年収が1000万円を超えるという人もいます。

仕事内容は大規模なものから小規模なものまで多様にあり、仕事の単価も案件の規模によって変わってきます。
ただ、経験や実績が豊富な人ほど収入はアップしやすい傾向にあるようです。

また、アプリケーションエンジニアも、フリーランスエンジニアの中では人気が高いと言われている職種です。
主な仕事は、スマホのアプリやWebアプリといったアプリケーションの設計です。
チーム単位で1つの案件に携わる場合、案件の中で割り振られた仕事を担当する事になります。
年収の相場は、400万円から1000万円ほどと言われています。
契約交渉をする場合もあるので、クライアントと交渉できる程度のコミュニケーション力が必要です。

フリーランスエンジニアの中には、インフラエンジニアという職種もあります。
サーバーやネットワークなどの設計や運用を行うのが主な仕事です。
年収の相場は400万円から700万円ほどと言われていますが、仕事の内容によって異なる傾向にあります。

数が多いということはそれだけ需要が高いということなので、フリーランスエンジニアとして活躍したいのなら、上記の職種を目指してみると良いでしょう。