フリーランスエンジニアの案件と働き方

フリーランスエンジニアの働き方はどういった案件を請け負うかによって大きく異なります。
そのため、希望しているワークスタイルを実現できるよう、案件を選んでいくことが大切です。

大別すると、エンジニアに向けて出されている案件は、委託案件と請負案件とに分けられます。
この違いは、何の対価として報酬を支払う形になっているかです。
委託案件の場合は労働力であるのに対し、請負案件の場合は成果物であるのが特徴です。

委託案件を請け負った際は労働力を提供することになるため、多くの場合は企業で働いているのと同じような働き方になります。
企業が用意しているオフィスに常駐して働いて欲しいというのが典型的で、就業時間も常勤のスタッフと同じ扱いで働くことになるでしょう。
働く時間帯をずらすケースもあり、夕方から働いたり土日祝日にはオフィスに来て仕事することを求められる案件もないわけではありません。

一方、請負案件では何をいつまでに納品しなければならないかが決まった後は、その契約さえ守れれば働き方は自由というのが一般的です。
交渉して働く場所を確保してもらうことも、自宅で仕事をするのも、コワーキングスペースなどを使うのも自分で選べます。
働く時間帯についても都合に合わせて選べるので、他の案件と両立させることも難しくありません。
ただし、成果物を納品できなければ報酬がほとんどもらえないため、自分でうまく仕事の時間をコントロールすることが大事です。