様々な負担があるフリーランスエンジニア

会社で働くサラリーマンではなく、フリーランスエンジニアに転身して仕事をする方法もあります。
IT業界には数多くの仕事が存在しているため、フリーとして働きやすい特徴を持っています。

ただ、フリーランスエンジニアとして働く場合、多くの作業を自分で必要があります。
自営業として仕事をすることになるため、会社で働く時とは違う形になります。
フリーランスエンジニアとして仕事をする場合、まず営業活動を行う必要があります。
会社であれば営業が仕事を取ってきてくれますが、フリーとして働く場合は当然自分で見つけることになります。
以前働いていた会社に知り合いがいれば仕事を紹介してもらうこともできるかもしれませんが、フリーランスエンジニアで働く場合は仕事探しが重要になるため、どうするかは考えておくべきでしょう。

サラリーマンとして働いている場合、副業などをしていなければ、税金の手続きを自分で行うケースは少ないです。
しかし、フリーランスエンジニアは、会計処理や税金への対応を自分でしなければなりません。
自営業の税金の手続きでは帳簿なども重要になることから、日頃から収支に関する書類を作っておくべきでしょう。
もし税務署から何らかの調査が来た場合、帳簿などの書類がなければ問題になる場合があります。

また、フリーランスエンジニアとして仕事をする場合、契約手続きをする機会も多くなります。
自分に不利にならない契約なのか、十分に調べてから手続きをする慎重さが大事です。

フリーランスエンジニアとして働くなら、技術者としての能力だけではなく、それ以外の知識もしっかりと蓄えておきましょう。